シボガードとシボヘール、どちらがおすすめ?

ダイエットに効果のあるサプリメントを探していると、目に飛び込んでくるのがシボガードとシボヘールの名前。

 

とても似ているこの両者ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

こちらでは機能性表示食品であるシボガードとシボヘールについて、くわしく比較してみました。

 

シボガード シボヘール
内容量 120粒(30日分) 120粒(30日分)
定価 2750円 2808円
配合成分 ターミナリアベリリカ抽出物/セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素、還元パラチノース 葛の花抽出物・セルロース・ショ糖脂肪酸エステル・二酸化ケイ素・還元パラチノース・
機能性表示成分 ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として) 葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg
お得な定期購入 定期購入あり・頻度は1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月間隔から選べる・4500円以上購入で送料無料、回数縛りなし 定期便初回限定980円・頻度は1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月間隔から選べる・4500円以上購入で送料無料、回数縛りなし
おすすめポイント 食後に上がる中性脂肪を抑制する働きがある・GMP認定国内工場で製造 おなか周りの脂肪を減らす効果あり・GMP認定国内工場で製造
おすすめ度 ★★★★ ★★★

 

\ 中性脂肪を抑えます /

シボガード比較

 

 

\ お腹の脂肪を減らします /

シボヘール

内容量やコスパについて

シボガードもシボヘールも、1袋あたり120粒入り、30日分となっています。

 

実はシボガードもシボヘールも、スッキリライフ通販が販売しているサプリメント。

 

パッケージの感じも似ており、機能性の表示や注意事項などの記載も同じような要領となっています。

 

見た目は色の違いだけで大きさなどはほぼ同じです。

 

どちらも一日あたり4粒が推奨摂取量シボガードの飲み方とされており、コスパはシボガードが一日あたり91円、シボヘールは94円。

 

シボガードの方が3円ほどコスパに優れています。

 

\ 中性脂肪を抑えます /

シボガード2比較

 

 

\ お腹の脂肪を減らします /

シボヘール2

機能性表示成分について

この両者はどちらも機能性表示食品として認可されています。

 

シボガードの機能性表示成分はターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)です。

 

この成分には食後の中性脂肪の上昇を抑える効果があります。

 

 

またシボヘールの機能性表示成分は葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)です。

 

この成分にはおなか周りの脂肪を減少させる効果があります。

 

どちらも植物由来の成分でダイエットに効果が期待できますが、その効き方は少し違っているのがポイントです。

サポート内容について

シボガードもシボヘールもスッキリライフ通販の製品ですが、スッキリライフ通販ではすべての製品に初回に限り「完全後払い返品保証制度」をもうけています。

 

これは初めて購入する人限定で、使ってみて体質に合わないと感じたり、味に馴染めないと思ったりした場合、開封後であっても返品を受け付けてくれる制度です。

 

すでに支払いを済ませた後でも、返品が受け付けられると返金されますので安心です。

 

サプリメントなどの食品は、実際に飲んでみないと分からないことも多くありますので、この返品保証制度はとても安心できるサービスだといえます。

 

\ 中性脂肪を抑えます /

シボガード3比較

 

 

\ お腹の脂肪を減らします /

シボヘール3

お得な定期コースについて

シボガードとシボヘール比較

 

シボガードもシボヘールも、お得な定期コースを設定しています。

 

同じスッキリライフ通販が販売しているというのもあり、その仕組みは同じです。

 

定期コースの配送間隔は1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月ごとが選べ、4500円以上で送料が無料となります。

 

またサプリメントの定期購入ではたいへん多くみられる回数縛りもなく、2回目以降はいつでも解約することができるのもポイントです。

 

定期コースに申し込んだはいいけれど、やっぱり解約したいと思ったとき、所定の回数に届いていないと解約を受け付けてくれないのは困ります。

 

シボガードもシボヘールも、極端な話初回だけ購入し、2回目から解約することもかんたんにできるのです。

 

\ 中性脂肪を抑えます /

シボガード4比較

 

 

\ お腹の脂肪を減らします /

シボガード4

シボガードとシボヘール おすすめポイントについて

シボガードは食後の中性脂肪値の上昇を抑える効果のあるサプリメントです。

 

研究によると、シボガードを飲んだ人とそうでない人は、ピーク時で40%、トータルで見ると中性脂肪の上昇が53%減少しているという結果が出ています。

 

ざっくりいうと中性脂肪の上昇を半減させられると思っておけばいいでしょう。

 

中性脂肪の値が高くなって困っている人にとっては、たいへんうれしい効果が期待できるサプリメントなのです。

 

 

一方シボヘールは、おなか周りの脂肪を減少させる効果のある機能性表示食品です。

 

シボヘールを12週間摂取すると、腹部の脂肪面積がおよそ20㎠減少するという研究結果が出ています。

 

これは内臓脂肪だけでピンポン玉7個分減ったということになります。

 

同時にウエスト回りも体重も減少し、ダイエットの進展が期待できます。

 

スッキリライフ通販の製造ラインは医薬品製造並みの基準を達成しており、GMP工場として認定されています。

 

この両者を比較するとどちらもダイエットに効果があるということが分かりますが、正午の中性脂肪にスポットを当てると、やはりシボガードの方が優秀だといえます。

 

おなか周りの脂肪を減らしたい人にはシボヘールがおすすめですが、血中の中性脂肪の値への効果では劣ります。

 

というわけでシボガードの中性脂肪抑制効果は★4つ、シボヘールは★3つの評価となりました。

 

\ 中性脂肪を抑えます /

シボガード比較6

 

 

\ お腹の脂肪を減らします /

シボガード6